心身症を改善して心にゆとりを~本格フィーリングケア法~

日常的なストレスが原因

医者

私たちは日常生活の中で、ストレスを感じることが多いでしょう。仕事では、人間関係や業務でのストレスを感じることがあります。学生の場合は、学校生活での勉強や部活といったことで疲れを感じることもあるでしょう。このように多くの場面でストレスを感じてしまうので、ストレスを溜めない生活を送ることは難しいことです。しかし、多くのストレスを抱えたまま日常生活を過ごしていると、体調面や精神面に支障をきたす可能性があります。そのため、適度にストレスを発散させるか解消させることが大切です。多くの人が遊びや趣味、スポーツなどをして溜まったストレスを発散しています。仕事での疲れも、休日に趣味やスポーツを楽しむことで気分転換にもなりますし、次も仕事を頑張ろうという気持ちにも繋がります。ですが、日頃から家庭での家事や子育て、繁忙期で仕事が忙しい人はプライベートを充実させることも難しいでしょう。そうなると、ストレスを発散できずに蓄積させてしまいます。ストレスは自律神経と大きな関わりを持っており、ストレスが溜まると交感神経と副交感神経のバランスが悪くなることから身体に悪影響を及ぼしてしまうのです。ストレスが原因で起きる身体のトラブルとして心身症という症状があります。心身症の場合は、病院で病気の治療をしたとしても、ストレスの問題を解決しない限り、何度も再発してしまう可能性があるのです。心身症の状態が悪化するとうつ病になる可能性も高いと言われているので、こうした精神疾患は早期発見と早期治療がとても大切です。ストレスが影響する心身症は根本的な原因となるストレスを改善しないといけませんが、まずはその原因を特定して解決策を計画しましょう。精神面での悩みは、自分一人で解決することが難しい場合が多いです。一人で抱え込まずに心療療内科でプロのカウンセラーに依頼をして相談をしてみると良いでしょう。

ストレスにより脳に悪影響が出ているので、心身症であるかを判断するためには脳機能を細かく分析できる精密検査をすることで判明することもあります。こうした検査は専門病院で受けることができますが、精密検査の場合は事前に予約をしなければならないことがあります。そのため検査をする前にはインターネットや電話でお問い合わせをして、予約手続きをしましょう。また誰にも打ち明けることができない悩みを持っている人は、心療内科へ行って、悩み相談をするのが最適です。身内に打ち明けられないことでも、カウンセラーなら専門的な立場でしっかり話しをきくので打ち明けることができるでしょう。悩みは一人で抱えるのではなく、相談することにより解決への一歩を踏み出すことができます。人に心を開くのには時間がかかりますが、定期的に診療内科でカウンセリングを繰り返していくことにより、少しずつ打ち解けて話をすることができます。カウンセラーの方も無理やり話を聞くのではなく、その人のタイミングを待って話を聞いてくれるので、これなら安心して相談をすることができるはずです。

Copyright © 2015 心身症を改善して心にゆとりを~本格フィーリングケア法~ all reserved.